FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その日は逸れてくれる

ブラックアウトしてから、再び僕は目を覚ました。

次第に明確になっていく視界。
僕のデータは全て消えていた。
新しい情報は、隣で力なく死んでいる男くらい。


ここはどこだろうか。
薄暗くて、ずっしりとした感情のないコンクリートの壁。
閉じ込められたのか。

いや…僕は死んだのだろうか?

この死体の魂が僕かもしれない。

死体のポケットを探ってみる。ボロボロになるまで使ってある財布。どこか知らない店のポイントカードを抜き取って、死体の名前を確認した。

火野勘太


きゃー!!


突然、女の人の悲鳴が聞こえた。そう遠くなく聞こえる。

僕はその財布をそのまま自分のポケットに押し込むと、部屋を飛び出した。

ひたすらコンクリートの壁。

絶えず声のする方に向かうと、女の人が泣きじゃくっていた。
その隣にも死体。

だが、女の人と死体の顔は、全くの別人だった。
僕は途端に、自分の顔を鏡で確認したくなった。





即興で考えてみたブラックアウトの続きの話。
まだブラックアウト完結していないけれども…頭の中では完結しているので!


どうだろうか?こういう始まり方って面白いのだろうか?
できる限り衝撃的なスタートをいつも目指しているんですけど…うーん。


最近全く話題ないので、アイデアを書きためていくブログになるかもしれないごめんなさい。
しかとしてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://raynoblog.blog40.fc2.com/tb.php/280-d40c80f2

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。